news

人間の快適な温度はどれくらい?

室内の温度を適切に保つことで、健康かつ心地良く過ごせるようになります。
では、どれくらいの室温が人間が心地よく過ごせる温度なのでしょうか?
今回の記事では、人間にとっての快適な温度と、快適な室温にするための工夫について解説していきます。

□人間の快適な温度について

家の中で過ごす際の人間の快適な温度は、季節によって基準がある程度決まっています。
一般的に夏場は25〜28度、冬場は18〜22度とされています。

また、室内を快適にするためには、温度だけでなく湿度にも注意が必要です。
人間が快適に感じる湿度の基準は、一般的に夏場は45〜60%、冬場は55〜65%となっています。

温度だけで見ると、夏場と冬場では7度ほど違いがあります。
1年を通して同じ室温を維持させるのではなく、季節や外気温に応じて室温を変化させることが大切ということです。

もちろん、その人によって快適だと感じられる温度は変わってきます。
冷え性の人には寒く感じる温度でも、暑がりの人には快適に感じられることもあります。
快適に過ごすためには、自分が最も良いと感じる温度を見つけ、体調とも相談しながら温度調整を行いましょう。

□快適に過ごすための工夫とは

一般的に快適と感じる温度をキープするためには、いくつかのポイントを押さえて工夫をすると良いです。

例えば、エアコンを使用する際は、自動運転モードを使って室内温度を保ちましょう。
エアコンは、室内温度を設定した温度にするまでが最も電気がかかります。
そのため、自動運転にして無駄なく室内温度を保つと、快適かつ電気代を抑えて使用できます。

また、サーキュレーターや扇風機を使い、室内温度を均一に保つ方法もオススメです。
空気の性質上、冷たい空気は室内の下の方に留まり、暖かい空気は上の方に留まります。
サーキュレーターや扇風機を使って空気を循環させることで、室内温度のムラをなくして快適に過ごせます。
エアコンの設定温度を無駄に調整することもなくなるので、電気代の節約にもなるでしょう。

さらに、室内温度を均一に保つためには、家づくりの段階からも工夫ができます。
当社では、上下階の温度ムラを無くす役割を果たす間取りとして「吹き抜け」を設けることをオススメしています。
しっかりと断熱性能が高い住宅で吹き抜けを採用すれば、室内で寒さや暑さを感じにくい生活を実現できます。
人間の快適な温度を維持してくれるだけでなく、開放感や採光などの面でも吹き抜けはオススメです。

□まとめ

人間の快適な温度は、夏場は25〜28度、冬場は18〜22度とされています。
快適な温度を保つために、家を建ててからでもできる工夫もありますが、家づくりの段階から考えていくと良いです。
当社では、夏も冬も家中が快適な温度に保たれる家を設計しています。
これから家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。