news

高気密高断熱住宅のメリット・デメリットや建てる際の注意点

気密性や断熱性を向上させ、外の外気温の影響を受けにくくした家を「高気密高断熱住宅」と呼びます。
暮らしが快適になる様々なメリットがある一方、建てる上でいくつかデメリットもあるので注意が必要です。
後悔しない家づくりをするためにも、今回は、高気密高断熱住宅のメリット・デメリットや建てる際の注意点を解説します。

□高気密高断熱住宅のメリットやデメリットとは

高気密高断熱住宅にするメリットとしては、以下のものが挙げられます。

・冷暖房効率が良いため、光熱費が抑えられる
・家のどこでも温度差が小さいため、ヒートショックの危険性が少ない
・結露が起きにくく、住宅が長持ちする
・防音効果が高い

高気密高断熱住宅における1番のメリットといえば、冷暖房効率が良いことでしょう。
室内の空気が逃げにくいだけでなく、外気温の影響も受けにくいため、冷暖房をフル稼働させなくても快適な室温を保てるようになります。

また、冷暖房に頼ることが少なくなる分、光熱費が抑えられるでしょう。
家の広さにもよりますが、一般的な住宅と比較して設置台数も少なくできる場合もあります。

反対にデメリットとしては、以下のものが挙げられます。

・建築コストがかかる
・使える暖房器具が限られる
・過乾燥になりやすい
・内部結露が起きる可能性がある
・玄関ドアが重くなる場合がある

1番のデメリットを挙げるとすれば、一般的な住宅と比較して建築コストがかかってしまうことでしょう。
高気密高断熱を実現するためには、断熱性を上げるための、性能の高い断熱材の使用を多く入れる必要があります。
また、気密性を高めるためには技術と手間が必要になります。
住宅性能を上げるためにそれらのものを採用する分、建築コストがかさんでしまうのです。

□高気密高断熱住宅を建てる際の注意点とは

高気密高断熱住宅を建てるのであれば、家の構造だけでなサッシやガラスにもこだわって家づくりをしましょう。
窓は家の中でも空気の出入りが大きくなりやすい場所です。
窓に断熱性の高いサッシを取り付けることで、家の外からの熱や冷気の侵入を最小限に抑えられます。
また、断熱性能の高い窓といっても、サッシならアルミ樹脂複合や樹脂サッシ、ガラスなら熱を取り入れたり遮断したりする性能があるため、どのレベルの断熱性能の家にするのか見極めた上で採用することが重要です。

当社では、断熱性を高めるためにサッシやガラスにこだわるのはもちろん、日射を遮断する様々な工夫を行なっています。

□まとめ

今回は、高気密高断熱住宅のメリット・デメリットや建てる際の注意点について解説しました。
メリットだけでなくデメリットも考慮した上で建てると、後悔を防げるでしょう。
当社では、初回の相談は無料で承っておりますので、家づくりをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。