news

住んでから後悔しないために注文住宅でやってよかったこととは?

家づくりは素敵なライフスタイルを最適なカタチにするために、住み始める前に考えておくことが沢山あります。
この記事では、家づくりでやってよかったことを中心にお話しします。
また、住み始めてから後悔しないためにも、後悔するポイントも解説します。

□家づくりでやってよかったと感じられることについて

やっておいてよかったと感じられることを4つピックアップして解説していきます。

1つ目は、洗面所の間取りを考慮することです。
ランドリールームを設けたり、収納を充実させることによって移動に無駄がなく洗濯動線が楽になります。
時短を意識して快適な間取りを心がけるとやってよかったと感じられるでしょう。

2つ目は、パントリーを設けることです。
シンプルですっきりとしたキッチンを保つためにパントリーは活躍します。
冷蔵庫も格納できれば、キッチンにおいても生活感を排除でき、スタイリッシュな空間にできるでしょう。

3つ目は、可変性を持たせることです。
ライフスタイルは子どもの成長や仕事によって変化していきます。
そのため、現状だけではなく将来的にどのような家にしたいか長期的な目で考えることが大切です。
当社では可変性を大切にしており、できるだけ間仕切りを作らない開放的なプランを提案いたします。

4つ目は、吹き抜けを設けることです。
吹き抜けは開放感を出してくれることに加え、光の通り道を作ります。
そして、家族の気配や視線をつなぐ役割を果たします。
上下階の温度のムラをなくし、家全体を快適な空間にしてくれます。
当社では、建物の「肝」として吹き抜けを提案させていただきます。

□家づくりで後悔するポイントとは

家づくりでは知識がないまま建ててしまうと、後悔することが多々あります。
これから家づくりを始める方が後悔しないためにも、家づくりで後悔するポイントを2つ解説します。

*部屋の数

あまり使用することない部屋を作った場合に後悔することになります。
沢山部屋を作ればいいというわけではなく、必要最低限の部屋をつくり無駄がない空間にすることが大切です。
住み始めてから、意外と使わなかったとならないようにしましょう。

*窓の数

窓の数が少ないと日の光が入りづらいため暗い室内になってしまいます。
また、窓が多いと熱が逃げやすいため、適切な数の窓を設置することが必要です。
窓は日射や冷気を考慮して、生活をイメージした上で最適な数をご提供します。

□まとめ

家づくりでやってよかったこととして、可変性をもたせることや吹き抜けを設けることなどがあります。
そうすることで合理的かつ、家族の気配が常に感じられる素敵な空間ができます。
また、家づくりを進める際には、解説した後悔するポイントも押さえてください。
家づくりを検討中の方は、お気軽にご相談ください。