news

オープンキッチンに最適な照明の選び方について

家の明るさを調整して、暮らしの質に大きく関わるのが照明です。

器具や性能を理解して照明を選択することでより良い空間になるでしょう。

この記事では、キッチン照明を選択する際の確認事項と、オープンキッチンに最適な照明を選ぶポイントについて解説します。

特に、どのようなキッチン照明にしようか悩まれている方は参考にしてください。

□キッチン照明を選択する際の確認事項について

キッチン照明を選択する際に確認すべきことは「室内空間が統一されているか」「手元の明るさは適切か」です。

近年の住宅は、オープン型のキッチンの普及が進んでいます。

そのため、リビングやダイニングと同空間になることを考慮した照明の選択をしていくことになります。

同じ色温度になるようにキッチン照明を選ぶと、統一感がでておしゃれなキッチンを演出できるでしょう。

また、その際には場所に応じて適切な明るさが担保されているのかチェックすることが大切です。

□オープンキッチンに最適な照明を選ぶポイントとは?

ここでは、「明るさ」「機能性」「デザイン」の観点でお話ししていきます。

まず1つ目に、明るさについてです。

炒め物をしたり、野菜を切ったりキッチン作業には明るさが求められます。

そのため、最初にキッチンのベースとなる照明を決定します。

一般的に天井につくシーリングライトやダウンライトを使用することが多いですが、当社ではシンプルで無駄のないダウンライトやペンダントライトを推奨しています。

そして、作業時の手元に影をつくらないよう、配置していきます。

最後に、カウンターキッチン上にデザイン性のあるペンダントライトを並べてカウンターとシンク周辺を照らすとアクセントになり、全てダウンライトですっきりしすぎることを防ぐことができます。

2つ目に、機能性についてです。

キッチンは包丁で食材を切ったり、食器を洗ったりするなど、細かい作業が行われます。

そのため、できるだけ作業がしやすい照明を選択することで家事ストレスを軽減できます。

3つ目に、デザインについてです。

前項でも述べたようにオープンキッチンは統一感を出して、隣接するダイニングやリビングとの調和を意識することが大切です。

インテリアのスタイルを考慮してコーディネートに統一感をもたせると良いでしょう。

□まとめ

キッチン照明は、統一感、手元の明るさが肝となります。

実際にキッチン照明を選ぶ際には、毎日のルーティンをイメージをするほか、家族の活動がキッチン周辺で行われることを考慮しましょう。

当社ではキッチンを家の中心に据えたプランを提案いたします。

気になる方は、ぜひお問い合わせください。