イイヅカカズキ建築事務所

お問い合わせ・資料請求 オープンハウス見学 Facebook
Profile

プロフィール イイヅカカズキ建築事務所とは

デザインと性能、構造を追求した建築

イイヅカカズキ建築事務所は、燕三条地域を拠点に、木造住宅を中心とした戸建住宅、店舗、事務所、公共施設などの設計監理を行う意匠アトリエ設計事務所です。

地元密着型の建築家である一方、2013年より全国で約220社以上の工務店が登録するアトリエ建築家とつくる校正の住宅ネットワーク「R+HOUSE」に建築家として登録し、全国でも活動を開始。木造住宅の設計を年間20〜30棟程手掛け、デザインと省エネルギーを両立させた住宅設計を行っています。

また、国が打ち出している2020年省エネ法義務化、2030年ゼロエネルギーハウス(ZEH)の標準化に先駆けて、ZEHを実現した高気密高断熱、冬でもエアコン1台で快適に過ごせる省エネルギー住宅を建築。自宅兼モデルハウスとしてオープンし、実際の建物でお客様に省エネルギー住宅を体験してもらうとともに、快適な住まい方を実体験を通して提案しています。

強く、美しく、優しく、そしてしなやかな住宅を建築設計することで、ひとりでも多くの方の幸せに貢献したい。
イイヅカカズキ建築事務所は、そんな住まいづくりを目指します。

事務所プロフィール

事務所名イイヅカカズキ建築事務所(一級建築士設計事務所)
代表者飯塚一樹
所在地〒955-0063 三条市神明町4-26
TEL0256-32-2926
FAX0256-47-7207
E-MAILinfo@iizukakazuki.net
URLhttp://www.iizukakazuki.net
設立年月平成19年8月
業務内容建築設計・設計監理

メディア掲載情報

「Housing Komachi」(2012.Vol.15) 「HyAS View」(2016.3)
「すみごこち」(2015.Vol.3) 「Casa」(2016.10)
「R+house」(2015.11) ...メディア掲載情報を見る

建築士ではなく建築家である理由

建築家は単なる見た目のデザイン、視覚的なデザインではなく、建築家自らの美的見地や論理的な分析に基づいて建物の設計(デザイン)をします。 また、近年は都市を総合的なデザインとして見る考え方が広がってきており、建築家には物事を総合的に見ることのできるバランスの良さが求められています。 建築家としてこのようなデザインセンスとアイデアはもちろん大切ですが、私が考える建築家の存在価値は「お客様の代理人」であることです。自らが施主であるという目線で、建物、人に愛情を持って接するとともに、専門的な目線からお客様のメリットを第一に追い求めます。 建物という題材を通して、お客様と建築家がお互いの価値観を認め合い、イメージを共有し、いかにお客様の気持ちになって一生懸命になれるのか。お客様、施工会社と一緒に知恵を出し合い、全員で作り上げていくことをこれからも心掛けていきたいと思います。

飯塚一樹(イイヅカカズキ)[一級建築士]

小学校6年生の時、実家を新築。建物ができていく工程が楽しくて、毎日現場へ通う。家の目の前にあった弥彦線の高架工事を毎日眺めていたこともあり、このころから設計の仕事をしたいと考える。三条高校を経て、大学時代には毎週徹夜で設計の課題を出す日々を4年間続け、卒業後は三条市内の設計事務所へ就職。入社4年で一級建築士免許を取得した。その後新潟市内の設計事務所勤務を経て、30歳を前に独立を決意。(一社)燕三条青年会議所に入会し、多くの人の出会いと応援により、2007年イイヅカカズキ建築事務所を設立した。

イイヅカカズキのプロフィール

誕生日1977年4月29日生まれ 加入保険建築家賠償責任保険
出身地新潟県三条市 所属団体
資格一級建築士
家族妻、長女、次女、長男、ハリー(ペットのハリネズミ)
趣味キャンプ、車、ディズニーランド
好きな色きいろ
好きな素材作り物ではない本物の素材
好きな食べ物いちごのショートケーキ、すいか、メンチカツ
pagetop